恋愛初心者

出会いがないというのは言い訳だと思うけど、その気持ちはわかるよ。

筋肉自慢の男性

出会いがないと言うと、「そんなの言い訳でしょ。いくらでもあるじゃないか。」と返ってきます。

僕もその通りだと思っています。

けど、非モテを経験している僕は言い訳する気持ちもわかります。

怖いんですよね。

気になる女の子がいても恐怖で声をかけることができない。

だから、「あの子にはきっと彼氏がいる」「よく見ると可愛くなかった」などと、理由を付けて行動しない自分を正当化している。

これ、もう終わりにしたくありませんか?

この記事は、言い訳の原因となっている恐怖を知り、乗り越えるために何をすればいいのかという内容になっています。

出会いがないのは言い訳だとわかっている。でもどうしても行動できないという人の助けとなるでしょう。

女性に声をかけるのが怖い理由

ラブレターを持つ女子高生

人は知らない人に恐怖を覚えるようにできています。

これを説明するために、まずは旧石器時代にタイムスリップしてみましょう。

あなたは仲間と共に狩りに出かけます。

不幸なことに、狩りに夢中になってしまったあなたは仲間とはぐれてしまいました。

これはまずい、と思って森の中を探し回っていたその時、違う群れの男達に遭遇してしまった。

その結果どうなると思いますか?

現代なら道を教えてくれたりして助けてくれるでしょう。

でも、舞台は旧石器時代。

縄張り争いが激しく、同じ人間であっても群れが違えば敵です。

良くて捕虜、普通は惨殺されます。

つまり、昔は知らない人=死の危険がある恐怖の対象だったのです。

この昔の記憶が遺伝子に刻まれているので、僕たちはいまだに知らない人に対して恐怖を覚えるのです。

ふむふむ、知らない人に話しかけるのが怖い理由はわかった。でも相手が女の子なら力で勝てるよね。なんで怖いのかまだしっくりこないよ。

確かに女の子そのものに怯えることはないでしょう。

しかし、その影にいる男、つまり女の子のパートナー、周りの男に対して恐怖を感じているのです。

これも旧石器時代の名残り。

他の群れの女はもちろん、自分の群れの中でもリーダー格の男の女に声をかけてしまったら終わり。村八分にされて息絶えます。

この2つの理由から、初対面の女の子に声をかけるのが怖いのです。

恐怖というのは自分の身を守ろうとする本能。逆らうのは容易じゃありません。

だから、出会いがないという言い訳をして逃げてしまうのです。

恐怖を乗り越える方法

顔を隠す女性

女の子に声掛けをするときに感じる恐怖を乗り越える方法は3つあります。

・親しい人に宣言する

・アルコールの力を借りる

・自分に価値があると認識する

この3つは、人によって合う合わないがあります。

一つずつ試して確かめていってください。

それでは詳しく説明していきますね。

親しい人に宣言する

自信あふれる男性

1つ目は周りの人に宣言することで自分を追い込むという方法。

周りに宣言することで「達成しないと口だけの男と思われてしまう」という心理が働き、強制的に行動できるようになります。

口だけの男とはつまり信用がなくなるということ。

現代社会で信用を失うのは一番避けたい。信用がないと、困ったときに誰からも助けて貰えませんからね。

この通り、宣言して果たせなかったときのリスクが高い。

だから、強制的に行動できる。

家族や友人に「1ヶ月以内に彼女を作る。」このように宣言して強制力を手に入れましょう。

アルコールの力を借りる

飲み会

アルコール、お酒の力を借りるという方法もあります。

お酒は気分を高揚させ、感覚を鈍くしてくれます。感覚というのはもちろん恐怖も含まれる。

だから、普段できないことも酔っ払った状態ならできるということも少なくないですよね。

いつも上司になにも言い返せないけど、お酒が入ったら言い返せるなどの経験があるでしょう。

この恐怖への鈍さを利用して女の子に声をかけるのです。

ちなみに僕にはこれが一番適した方法でした。

初めてナンパしたとき、シラフでどうにもならなかったのでお酒の力を借りて成功させました。

あの時の経験が今の僕を作っているような気がします。

お酒の力を借りる。これは簡単にできるので試してください。

自分の価値を認識する

清楚な女性

突然ですがアドラー心理学を知っていますか?

アドラー心理学を知らなくても、ベストセラーになった「嫌われる勇気」という本は耳にしたことがあるでしょう。「嫌われる勇気」はアドラー心理学について書いてある本です。

なぜ急にアドラー心理学を出したのかというと、アドラー心理学は結果を出すための心理学だから。

アドラーはこう言っています。

「自分に価値があると思えるときに 人は勇気を持てる」

つまり、自分が価値のある人間だと思い込むことで女の子に声をかける勇気が持てるということです。

ただ、思い込めと言われても難しいと思います。

なので、小さな成功体験を積み重ねることをおすすめします。

ここで言う小さな成功体験とは、店員の女の子におすすめを聞いて、お礼を言って笑顔になってもらう。とにかく小さなことでいいので、相手に喜んで貰うことです。

相手が喜んでいる姿を見ると、「俺は他人を喜ばすことができる男だ」と自分に価値を感じるようになります。

そして、自分に価値があると思うと勇気が出てきて、女の子に自然と声かけることができるということ。

これが、自分の価値を認識するという方法です。

恋愛だけじゃなく、何かを始めようとするときに役に立つ方法なので使ってみてください。

【まとめ】怖いのは仕方ない。でも乗り越えるしかない

セクシー美女

女の子に出会う。つまり知らない女の子に声をかけるのが怖いのは仕方ありません。

本能に刻まれていることであり、恐怖を感じるのはむしろ健全だからです。

でも、それを乗り越えないと自由で楽しい恋愛はできません。

世の中で良い想いをしている男はそれを乗り越えています。

恐怖を乗り越えるのは簡単ではありませんが、上記にある方法を一つずつ試して乗り越えていきましょう。

カウンターで寄り添う男女
ナンパする勇気、度胸がなく友達も少ない男が女性との出会いを増やす方法!女性との出会いがなく日照り続きという悩み。 街やクラブでナンパすれば解決するんだろうけどそんな勇気はない。 友達に紹介しても...
関連記事